お知らせ

鶴岡八幡宮の「手斧始式」に参加しました。

2019年1月4日、鎌倉の鶴岡八幡宮にておこなわれました、

手斧始式(ちょうなはじめしき)に

弊社の社長が参加させていただきました。

初詣の大勢の人々で賑わっていて、大変緊張いたしました。

 

手斧始式は古式に則った神事です。

その昔、源頼朝が鶴岡八幡宮の再建の際、

この儀式を行ったことに由来しているそうです。

二の鳥居から段葛、舞殿前に御神木が運ばれ、

神職による祭儀が行われた後、

儀式が行われます。

こんにちでは、鎌倉の建築関係者の工事始めという意味も込められていて、

伝統的な装束を身に纏った建築業者らが、

手斧を振る、さしを使う、鋸を引く、墨を打つ、かんなをかけるという

昔ながらの道具を使って奉仕し、工事の安全を祈願します。

当日のNHKのニュースでもとりあげられましたので、ご紹介致します。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190104/k10011767831000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

動画中の13秒後位からの、右側の後姿の奉仕者が弊社社長で「墨打ち」の儀式をおこなっています。