価格について

たとえば、新築一戸建てやマンション全面リフォームであれば、多くのご家族にとって一生のうちにかかる出費として、かなり上位にランクされるものとなります。そのことからも、家づくりをどの業者に依頼するかを検討する際、価格については、どなた様でも気にする点ではないでしょうか?なるべくいい建材・建具を選んで、素敵な空間にしたい、という願いを特にお持ちの方は、なおのこと心配されるのではないでしょうか?

既製品の販売とはいかない家づくりの価格

「家づくり」と一言にいっても、どこをどのようにするプランであるかによって、必要となる工事の内容は違ってきます。例えば、キッチンや水まわりなどの製品も、お客様のそれぞれのご要望に応じて、様々な選択肢が考えられます。タイル張りのキッチンにしたい、スタイリッシュで最先端のキッチンにしたい、など。また、リフォームの場合も物件の現況によって工事の難易度が大きく変わってきますので、一概に「リフォームはいくら」というようなことは言いにくい面があります。

「1坪◯万円」などと言うことができないのが、お客様にとっては非常に分かりにくい部分でもあり、不安を感じてしまうところではないでしょうか?10の建築会社・工務店があれば、少なくとも10通りのプランが出てくるでしょう。明朗で分かりやすいお見積りをご提示することも、家づくりのプロとして非常に重要なことだと考えています。お客様のご要望をまずは丁寧にお聞きし、少しでも無駄な費用を削りつつ、ご満足いただけるご提案ができるよう、精一杯努力いたします。

プラン内容と価格の総合バランスで比べてください

私たちは、価格をなるべく押さえて、お客様へ無駄なご負担をいただかないように努力しておりますが、それは「何が何でも他社より安くリフォームする」という意味ではありません。どういうことかと申しますと、たとえば、安さを追求するあまり、すぐに痛むような建材を使うことは避けますし、手抜きの工事につながるような工期の短縮は絶対にしません。お客様のご要望をしっかりと実現し、さらに建築のプロとして責任の持てる家づくりを行っています。

例えば、一般的なハウスメーカーの場合、お客様に提示される見積の内訳と実際にかかる金額の内訳には差異があると言われています。住宅展示場の維持費、テレビCMやパンフレット等の宣言費、営業マンの人件費など、いわゆる「営業経費」が実際には大きくかかっていても、提示する見積では「本体工事費」や「材料費」などの項目として計上されている実情があります。(※下図)

そうなってしまうと、実際に工事を行う下請け工務店や職人の工事費を削減され、肝心な設計の費用も削られてしまうことになりかねません。安い施工費で叩かれた工務店や職人が、質のよい工事をするのか不安ですし、設計費が考慮されていないために、設計や間取り変更などができないことも。
大船住研では、営業・設計から施工までを一貫して行うため、無駄な中間マージンや経費をできるかぎり抑え、お客様のご要望に応えた設計プランを作成しています。また、抑えられた諸経費でインテリアやエクステリアのグレードアップをするのもよいかもしれません。

他社様とのお見積りを比較検討される際には、プラン内容と価格のバランスにぜひご注目ください。単なる合計金額の高い安いで判断されることは、とても危険です。

「これは安い!」と思う時ってどんな時?

たとえば、本場フランスの3星レストランのフルコースが5千円で売りだされていたら、これはきっとどなたでも安いと感じるはずですが、ファミレスのハンバーグセットが5千円だったら、なぜこんな高いの?と思われるのではないでしょうか?同じ「外食一回5千円」でも、安いと思うか、高いと思うかは、その内容によって大きく変わってきます。

家づくりについても全く同じことが言えると思います。価格と内容のバランス。「安い」か「高い」かを決めるのは、そういった感覚ではないでしょうか?単純な見積金額の比較ではなく、どこにいくらかかるのか、最終的にどのような住み心地になりそうか、対応力や工事の品質はしっかりとしていそうか、そのような、数字に表れないプラン内容や会社の品格の部分にこそ、ご家族様にとっての大切なものがあると思います。ぜひ、数字に表れない部分にもご注目いただき、「総合的にお得だな!」と思われる会社にご依頼されることをおすすめいたします。

お問い合わせ・資料請求などお気軽に!

0120883699
メールでのお問い合わせ

営業時間8:30〜17:30(水・祝日休み)

▲このページの先頭へ